たまっ子座のブログ

東京都福生市にある劇団 太鼓と芝居のたまっ子座 のブログです。 最新スケジュールはこちらから!

2012年04月

たまに

覗いてくださる方

いつも覗いてくださる方(いらっしゃるでしょうか??)

ありがとうございます!!


いつの間にかPVが増えていてびっくりしています。

訪問者数だけ見て満足して

あまり更新せずすみません・・・


今たまっ子座では、

台湾公演の準備、新作「太鼓はばびやんこ!?」の制作

そして各種発行物の準備に追われています。


今年3年ぶりに機関紙「ふれ太鼓」を作成中です。

春のダイレクトメールでみなさんにお届けしたいと奮闘中です。


4月の予定・・・はありません!!!^^;

お稽古、大道具や小道具、衣装の制作に追われる予定です。


公演はなくてもまめに更新したいなあという

希望だけは持っているので

また覗いてくださる方

宜しくお願い致します(*´ -`)(´- `*)

今年に入って

今年に入ってもう二か月がたちました。


2012年の初めは珍しく(?)大きな公演が立て続けにありました。


2月4日には枚方周辺8劇場による「太鼓の絵本『ゾウとねずみ』」。


2月19日には市川子ども文化ステーションによる「太鼓の絵本『ゾウとねずみ』」


3月3日には「ドラマチック和太鼓 打」


3月18、19日には 「太鼓の絵本『ゾウとねずみ』」


この2作品今のところ上演が決まっていません。・゚・(ノД`)


またどこかで呼んでいただきたいです!


ここで少し感想を紹介します!


まず「太鼓の絵本『ゾウとねずみ』」

たいこの音が体にひびいてのどがジンジンした(4歳)


牛のまつりはくりょくあって、すごくすてきだったです。(小2女子)


太鼓のはく力とリズムがひびきわたって、心臓に「ぐん!」ときた。

虫によってできた楽器があるなんて初めて知りました。(小6女子)


たまっ子座の舞台は、まさに一つのすばらしいパフォーマンス、

 芸術作品だなあと感じました。心おどる躍動感いっぱいのリズム、

 音楽、そして踊り、一つ一つが出演者のみなさんの高い技術や

 情熱がステージいっぱいに表現されていて、引き込まれていました。


●ワークショップに参加できず、いきなり観に行ったので、

 自分の想像では「太鼓だけど“絵本”だから、きっとおだやかな、

 幼児が好きそうな子守唄のような劇なんだろう」でした。

 しかしふたを開けてみれば、何たる迫力!!とにかく太鼓の音の力、

 いくつもの太鼓が奏でるいろんな音がものすごい音になって

 体の中に入ってくる、あの感覚は初めて味わいました。圧巻でした。

 2歳と1歳の子どもも目をすえてジーッとステージを見つめていました。

 

●まるで音のおもちゃ箱を開けて、中の音たちが飛び出てきたような

 はじまりでした。とっても楽しかったです。


●二歳の子供はじっと聞き入りそしていつの間にか静かに眠りに

ついていました。それはとても心地よい眠りでした。体全体に響く

太鼓の音、まぎれもなく生命の音。とても楽しくてすばらしい音をありがとう。



皆さんすてきな感想をありがとうございます!!!



記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ